交通事故・違反

交通事故や違反の原因など

二輪車の露出性と傷害 二輪車の露出性と傷害 はコメントを受け付けていません。

二輪車は自動車のような身体を覆う外壁などはなく、生身の身体を外に晒した状態で運転します。その上、速度は自動車並のスピードが出ます。そのため、一度事故を起こすと大きなケガにつながるケースや場合によっては死ぬことさえありえます。しかし、機動力はあるため、いざというときに運転車自身が飛び出して危険を回避することは可能です。しかし、それでもケガは避けられない可能性が高いです。特に多いのが、露出性の高いファッションで運転していて転倒等した際にアスファルトに皮膚を削られるような擦り傷といった傷害が多いです。確かに状況次第では目も当てられないような惨状になる恐れがありますが、これに関しては生命に 別状はないためまだ良いでしょう。そして、一番危険なのは頭部を露出していることです。最近ではヘルメットをかぶらずに運転している方はほとんどいません。暴走族ですら、コルク半と呼ばれる半キャップタイプのヘルメットをかぶっていることが多いです。しかし、これら半キャップタイプは頭部のみ保護している状態です。死にいたらずとも目も当てられない惨状になる恐れがあります。また、ジェット型ヘルメットと呼ばれる物は頬まで覆っているので幾分か安全ではありますが、顎が出ている分ここをやられる恐れがあります。このように考えると頭部の保護はフルフェイスが一番安全であることが分かります。しかし、フルフェイスは機能的に不便なことも多いのが難点です。これらより、安全にバイクを乗るためには長袖、長ズボン、手袋、運動靴やブーツ等を装備して露出性の低い格好をした上でバイクに適したヘルメットを被ることが傷害を防ぐための第一歩と言えるでしょう。
テクスチャー15

シートベルトの重要性と効果 シートベルトの重要性と効果 はコメントを受け付けていません。

シートベルトは衝突事故を起こした時などに、人間が車外へ飛び出ることを防ぐ役割を持っています。
衝突事故の衝撃は凄まじく、大人でも平気で飛ばされてしまいます。
また、近年後部座席のベルト着用が義務化されました。
これは衝突時に車外へ飛ばされることを防ぐ他に、後部座席の人が飛ばされるとそれが凶器となり、前の座席の人に致命傷を与えてしまう可能性があるからです。
このようなベルトの重要性は実際の事故現場を見ると非常に痛感します。
警察署や免許センターなどでは事故予防の一環として事故現場の写真を展示しています。
もちろんショッキングな写真ばかりですが、事故直後の写真でベルトをしていない人はかなりの確率で車外に飛ばされています。
高速道路などで事故が起き人が車外に飛ばされる時、人は時速100キロ近い速度で飛び出ることになります。
飛び出た人がどうなるかは写真を見なくても容易に想像できるでしょう。
一方で、同様な事故を起こした場合でもベルトをしていた人は無傷ということも少なくありません。
ベルトをしていたかしていなかったかで無傷になるか致命傷を受けるか大きな違いが出てしまうのです。
このようにベルトの効果は非常に高く、必ず着用するようにしましょう。

人命尊重の精神 人命尊重の精神 はコメントを受け付けていません。

私たちはハンドルを握る以上、いつ交通事故に遭遇するかはわかりません。誰しも自分は事故を起こさないと思って運転していますが、交通事故は誰にでも起こり得ることです。1トン以上の鉄の塊である自動車を運転している以上、私たちは人命尊重の精神で運転を行わなければなりません。死亡事故が起こると、加害者と被害者本人だけではなく双方の家族にまで大きな影響を与えます。加害者は最悪の場合、実刑となり収監されることもあります。ましてや飲酒運転やひき逃げによる死亡事故はほぼ間違いなく実刑となります。また危険運転致死傷罪に該当した場合は、10年単位で実刑となることもあります。こうなると仕事も辞めることになり、家族との関係もバラバラになってしまいます。また損害賠償の交渉も難航します。遺族の被害感情は並大抵のものではありません。示談交渉は保険会社が行い、賠償金も支払ってもらえますが、遺族は加害者本人にも負担を求めることがあります。ほんの少し注意することでこのような悲惨な事故を避けることが可能です。いつどこから人が飛び出してくるか、車が出てくるかもしれないことを常に意識して、スピードを出しすぎず安全運転を行う意識を持たなければなりません。
テクスチャー14

交通事故の悲惨さ 交通事故の悲惨さ はコメントを受け付けていません。

交通事故は特に人身事故を起こしてしまった時とても悲惨な思いをすることになります。
万が一重大事故に陥ってしまった時には、一生運転ができなくなってしまうこともあります。
保険に入っているから安心と考える人も少なくありませんが、実際に事故を起こしてしまうとそのような考えは一瞬で誤りであったと悔いてしまうのです。
日本全国各地の運転免許センターでは事故の悲惨さを知らせるためにパネル展示を行っているところが多くあります。
免許を更新するさいなどに一度訪れて見て見るようにしましょう。
事故の悲惨な現場を見ることは、たとえ写真であっても大きなショックを受けます。
しかしながら、そのショックが安全運転を心がける気持ちを作るのです。
安全運転は一人だけでしてもあまり意味がありません、一人だけの安全運転は逆に危険になる場合があります。
そのため、多くの人がまじめに自動車の運転について考え、安全運転を行う必要があります。
近年では自動車の性能向上によって事故がかなり減ってきました。
完全に事故がなくなることは難しいでしょうが、保険に入っているから安心と考えるのではなく、安全運転を心がける人が増えれば増えるほど、自動車の事故は減ると考えられています。

若者と高齢者の運転者が多い理由 若者と高齢者の運転者が多い理由 はコメントを受け付けていません。

自動車の運転者の中で、若者と高齢者の姿をよく見かけます。
地方では特に車社会なので、絶対数も多くなります。
若い人もお年寄りも、それぞれに運転する人が多い理由があります。
若い人たち、特に未成年者は、免許を取る事と、車を運転する事で大人への一歩となります。教習所で習う事と、実際道路に出て運転をするのでは、かなりの差がありますので、免許を取ってそのまま安易に運転をしてしまうと、大事故につながる恐れがあります。
さらに、大人は主に必要があるので運転をすることが多いのですが、免許取りたての若い人は車を運転したいので、長距離ドライブに出かけたりして、車に乗る時間も多いのです。
したがって、若い人の運転者を目にする事が多いのです。
一方、高齢者は自分の足として車を利用します。
足腰が弱ってきたお年寄りにとって、公共交通機関や徒歩、自転車での移動はどうしても億劫になってしまいます。
ましてや車の運転ができるお年寄りになると、どうしてもバスや電車や自転車に乗るという機会もあまりなく過ごしているので、車に頼りがちになってしまうのです。
しかし、自分では若いころと変わらない運転をしている様でも、五感が少しづつ衰えてきているので、より一層注意が必要です。
テクスチャー13

スピード違反、安全不確認、一時不停止、脇見運転等の違反が主 スピード違反、安全不確認、一時不停止、脇見運転等の違反が主 はコメントを受け付けていません。

自動車を運転する上で最も気を付けなければならないのが事故です。マナー違反をしている方が非常に多く、良く見掛けるのが、一時不停止です。一時停止の標識の手前や、線路の踏切では必ずしなければなりません。教習所などでこの様なルールを習ったにも関わらず、違反をする方が後を絶ちません。出会い頭の衝突事故が年間で何件も起きています。また、似たような例で、安全不確認による事故があります。これは合流の際に後方確認を怠ったり、脇見運転による衝突事故などです。他に多いのは、大きな道路でのスピード違反です。特に深夜ですと、交通量が少ないので、事故が多発しています。上記の違反は、どれも重大な事故に繋がる可能性をもっています。例えば、上記の違反を街中で行えば、子どもが危険にさらされる事となります。自動車免許を取得して、交通ルールの基礎が分かっている方達と子どもは違います。また、交通弱者とされる歩行者の身を守る為には、運転手がルールを守るしかありません。警察も取り締まってはいますが、全ての違反者を取り締まる事は難しいので、歩行者の方も安全確認をしっかりしましょう。事故を起こしてからでは遅いので、きちんと交通ルールを遵守しましょう。

交差点での出会い頭による事故 交差点での出会い頭による事故 はコメントを受け付けていません。

信号の無い交差点においては出会い頭の事故が最も多くなっていますが、一時停止義務違反や安全確認を怠ったことが原因となっています。信号場が無い場合は両方か、または片側だけが一時停止となっていることがほとんどですが、住宅街などの車通りの少ないところに多くあるという特徴があります。そのため車や歩行者、自転車がこないだろうという考えで一時停止を怠ってしまうケースが多いのです。同じ幅員の道路では左側からくる車が優先ですから、しっかりと安全確認をして車や歩行者がいないことを確認する必要があります。自動車の運転では、だろうという考えではなく、かもしれないという意識を持つことが大切です。車は来ないだろうと一時停止を怠らず、車がくるかもしれないという意識で安全確認をすることが大切なのです。自動車の運転では避けられない事態もありますが、ほとんどは人為的なミスが原因となっていますので、避けようと思えば避けられることが多いと言えます。日頃から一一時停止を正しく行い安全確認を怠らないようにしていれば、出会い頭の事故は避けることが可能なのです。一時停止は安全運転の中では簡単なことですから習慣を持って正しく行う必要があるのです。

携帯電話等の脇見運転 携帯電話等の脇見運転 はコメントを受け付けていません。

脇見運転による事故率は毎年相当数記録されています(平均15~17%くらい)。事故の種別としては、追突が最も多く全体の半数を超えており、中でも時速30㎞/h以下の低速での事故が多い(全体の7割以上)という特徴があります。
脇見運転とは前方から視線をそらして運転することを意味するだけではありません。たとえ視線を前方に向けていても、考えごとをしている、会話に集中しているなどといった場合も当てはまります。つまり脳や神経の脇見ですね。前者には、外への脇見(道中で行き先場所を探すために側方に目を向ける、駐車場で駐車場所を探すなど)と内への脇見(会話、喫煙、オーディオやカーナビの注視・操作など)があります。後者についての顕著な例は、2004年の道交法改正により、運転中の携帯電話等の使用の罰則が強化されたことです。この規制のポイントは3つあります。ひとつめは、場合によっては停止中も違反と見なされる場合があるということです。信号待ちや渋滞は厳密に言えば運転中となるからです。よって携帯を使用する時は、車を安全エリアに停めて使用することが望ましい方法です(原則は電源OFFもしくはドライブモードに設定することです)。ふたつめは、○○等の等の部分であって、携帯とは限らないということです。この場合は、カーTV、携帯型ゲーム等のディスプレイ表示部を持つものということになります。3つめは、規制の対象外の設置です。例えば、ハンズフリー電話やタクシー無線の使用、またカーナビも交通に危険を生じさせない限り対象外となります。その他、傷病者の救護や公共の安全維持のためにやむを得ず携帯で通話を行うことは対象外となります。
テクスチャー12

特徴的な事故実態 特徴的な事故実態 はコメントを受け付けていません。

私たちの日常生活の中には、現在では非常に便利な物や道具で溢れかえっています。それらを利用することで、快適な毎日を過ごせていることになっているのです。もしこれらの便利な道具がなくなってしまったら、生活自体が大変なこととなることでしょう。
その道具の中に車というものがあります。毎日のように利用されることも多くあるものですが、ただ便利で快適なだけのものではないのです。車の重量は非常に重たいものになります。軽自動車でも900kgはありますので、もしこのようなものが速い速度でぶつかってこられた場合には、その破壊力は計り知れないものとなることは容易に想像つくのではないでしょうか。実際に道路上でこのような大変な被害に遭うことが多くあるということも実態としてあるのです。
特に心配なことは、やはり交通事故によって亡くなる方が発生することは誰しも思われるのではないでしょうか。もしかしたら身の回りにこのような出来事を体験された方もいらっしゃるかも知れません。日本全国では、昨年では4374名の方が亡くなられている実態があります。交差点での衝突も多くあるのですが、それ以外にも直線路ではみ出してきた車との衝突によって死者が出るケースも多くあることを忘れてはいけません。