交通事故・違反

交通事故や違反の原因など

シートベルトの重要性と効果

シートベルトは衝突事故を起こした時などに、人間が車外へ飛び出ることを防ぐ役割を持っています。
衝突事故の衝撃は凄まじく、大人でも平気で飛ばされてしまいます。
また、近年後部座席のベルト着用が義務化されました。
これは衝突時に車外へ飛ばされることを防ぐ他に、後部座席の人が飛ばされるとそれが凶器となり、前の座席の人に致命傷を与えてしまう可能性があるからです。
このようなベルトの重要性は実際の事故現場を見ると非常に痛感します。
警察署や免許センターなどでは事故予防の一環として事故現場の写真を展示しています。
もちろんショッキングな写真ばかりですが、事故直後の写真でベルトをしていない人はかなりの確率で車外に飛ばされています。
高速道路などで事故が起き人が車外に飛ばされる時、人は時速100キロ近い速度で飛び出ることになります。
飛び出た人がどうなるかは写真を見なくても容易に想像できるでしょう。
一方で、同様な事故を起こした場合でもベルトをしていた人は無傷ということも少なくありません。
ベルトをしていたかしていなかったかで無傷になるか致命傷を受けるか大きな違いが出てしまうのです。
このようにベルトの効果は非常に高く、必ず着用するようにしましょう。

コメントを受け付けておりません。