交通事故・違反

交通事故や違反の原因など

スピード違反、安全不確認、一時不停止、脇見運転等の違反が主

自動車を運転する上で最も気を付けなければならないのが事故です。マナー違反をしている方が非常に多く、良く見掛けるのが、一時不停止です。一時停止の標識の手前や、線路の踏切では必ずしなければなりません。教習所などでこの様なルールを習ったにも関わらず、違反をする方が後を絶ちません。出会い頭の衝突事故が年間で何件も起きています。また、似たような例で、安全不確認による事故があります。これは合流の際に後方確認を怠ったり、脇見運転による衝突事故などです。他に多いのは、大きな道路でのスピード違反です。特に深夜ですと、交通量が少ないので、事故が多発しています。上記の違反は、どれも重大な事故に繋がる可能性をもっています。例えば、上記の違反を街中で行えば、子どもが危険にさらされる事となります。自動車免許を取得して、交通ルールの基礎が分かっている方達と子どもは違います。また、交通弱者とされる歩行者の身を守る為には、運転手がルールを守るしかありません。警察も取り締まってはいますが、全ての違反者を取り締まる事は難しいので、歩行者の方も安全確認をしっかりしましょう。事故を起こしてからでは遅いので、きちんと交通ルールを遵守しましょう。

コメントを受け付けておりません。