交通事故・違反

交通事故や違反の原因など

若者と高齢者の運転者が多い理由

自動車の運転者の中で、若者と高齢者の姿をよく見かけます。
地方では特に車社会なので、絶対数も多くなります。
若い人もお年寄りも、それぞれに運転する人が多い理由があります。
若い人たち、特に未成年者は、免許を取る事と、車を運転する事で大人への一歩となります。教習所で習う事と、実際道路に出て運転をするのでは、かなりの差がありますので、免許を取ってそのまま安易に運転をしてしまうと、大事故につながる恐れがあります。
さらに、大人は主に必要があるので運転をすることが多いのですが、免許取りたての若い人は車を運転したいので、長距離ドライブに出かけたりして、車に乗る時間も多いのです。
したがって、若い人の運転者を目にする事が多いのです。
一方、高齢者は自分の足として車を利用します。
足腰が弱ってきたお年寄りにとって、公共交通機関や徒歩、自転車での移動はどうしても億劫になってしまいます。
ましてや車の運転ができるお年寄りになると、どうしてもバスや電車や自転車に乗るという機会もあまりなく過ごしているので、車に頼りがちになってしまうのです。
しかし、自分では若いころと変わらない運転をしている様でも、五感が少しづつ衰えてきているので、より一層注意が必要です。
テクスチャー13

コメントを受け付けておりません。