交通事故・違反

交通事故や違反の原因など

人命尊重の精神

私たちはハンドルを握る以上、いつ交通事故に遭遇するかはわかりません。誰しも自分は事故を起こさないと思って運転していますが、交通事故は誰にでも起こり得ることです。1トン以上の鉄の塊である自動車を運転している以上、私たちは人命尊重の精神で運転を行わなければなりません。死亡事故が起こると、加害者と被害者本人だけではなく双方の家族にまで大きな影響を与えます。加害者は最悪の場合、実刑となり収監されることもあります。ましてや飲酒運転やひき逃げによる死亡事故はほぼ間違いなく実刑となります。また危険運転致死傷罪に該当した場合は、10年単位で実刑となることもあります。こうなると仕事も辞めることになり、家族との関係もバラバラになってしまいます。また損害賠償の交渉も難航します。遺族の被害感情は並大抵のものではありません。示談交渉は保険会社が行い、賠償金も支払ってもらえますが、遺族は加害者本人にも負担を求めることがあります。ほんの少し注意することでこのような悲惨な事故を避けることが可能です。いつどこから人が飛び出してくるか、車が出てくるかもしれないことを常に意識して、スピードを出しすぎず安全運転を行う意識を持たなければなりません。
テクスチャー14

コメントを受け付けておりません。